[次回セミナー、研究会のお知らせ]
★ナラティヴ・コロキウム中止(延期/日時未定)のお知らせ  詳細は こちら
ベイトソンセミナー(ナラティヴ・コロキウム)/東京理科大学神楽坂  2020年3月20日(祝) テーマ:『精神の生態学』から「形式・実体・差異 変更→プリミティヴな芸術の様式と優美と情報(『精神の生態学』)」
★ベイトソンセミナー(ブリーフセラピー研究会)2020年7月26日(日)『精神の生態学』第3篇「関係と病理」 詳細未定
★ベイトソン・シンポジウム(日本家族療法学会)2020年9月5日(土) 詳細はこちら
●次回 Communicative Musicality研究会はお待ち下さい。 ※過去の研究会はこちら

 

 

[最新論文・著書]

●「対話・音楽・時間 ―近未来から届く言葉たち」『臨床心理学』第19巻第5号 2019年9月発売中金剛出版

●訳書『会話・言語・そして可能性』新装版 2019年8月 発売中 (金剛出版
●How Does Time Flow in Living Systems? Retrocausal Scaffolding and E-series Time,  Naoki Nomura, Koichiro Matsuno, Tomoaki Muranaka, Jun Tomita, Biosemiotics, 2019 ,   https://doi.org/10.1007/s12304-019-09363-x

写真:キューバ

『協働するナラティヴ』

遠見書房 2013年

『みんなのベイトソン ~学習するってどういうこと?』

金剛出版 2012年

『ナラティヴ・時間・コミュニケーション』

遠見書房 2010年

『やさしいベイトソン~コミュニケーション理論を学ぼう!』

金剛出版 2008年