India
Bali
Morocco
Cuba
New Mexico

当ページに掲載している写真の著作権は、野村直樹に帰属します。他サイトや媒体への無断利用、転載、複製を行うことはできません。

お知らせ

セミナー、研究会のお知らせ

  • 現在お知らせはありません。

最新論文・著書

  • Toward a Practical Theory of Timing: Upbeat and E-Series Time for Organisms (Biosemiotics 2020
  • 「E系列時間とベイトソン」 『家族療法研究 Vol.37 No.1 』2020年4月 発売中 (金剛出版

プロフィール Profiles

野村 直樹(のむら なおき) Naoki Nomura, Ph.D.

連絡先名古屋市立大学大学院人間文化研究科 Tel. 052-872-5166
Email: nomura@hum.nagoya-cu.ac.jp
生年月日1950年 8月 13日生
学歴サンフランシスコ州立大学修士課程修了(コミュニケーション学) Dean C. Barnlundに師事。M.A.1980
スタンフォード大学大学院博士課程修了(文化人類学) Charles O. Frakeに師事。 Ph.D. 1987
職歴神田外語大学異文化コミュニケーション研究所研究員
東京都精神医学総合研究所(社会病理学)研究員
名古屋市立大学大学院人間文化研究科教授(2016年4月より特任教授・名誉教授)
専門ナラティヴ研究、コミュニケーション研究。科学哲学、認識論(Gregory Batesonに師事)
時間的展望を要する研究。質的研究とその方法論。フィールドワーク、フィールドノートと記述、エスノグラフィー。
活動ベイトソンセミナー(現在第62回)、ナラティヴ、オープンダイアローグ、時間に関する講演等

『協働するナラティヴ』

遠見書房 2013年

『みんなのベイトソン ~学習するってどういうこと?』

金剛出版 2012年

『ナラティヴ・時間・コミュニケーション』

遠見書房 2010年

『やさしいベイトソン~コミュニケーション理論を学ぼう!』

金剛出版 2008年