プロフィール・著作・講演 Profiles/Publication/Lecture

野村 直樹(のむら なおき) Naoki Nomura, Ph.D.

連絡先 名古屋市立大学大学院人間文化研究科
Tel. 052-872-5166         Email: nomura@hum.nagoya-cu.ac.jp
生年月日 1950年 8月 13日生
学歴 サンフランシスコ州立大学修士課程修了(コミュニケーション学) Dean C. Barnlundに師事。M.A.1980
スタンフォード大学大学院博士課程修了(文化人類学) Charles O. Frakeに師事。 Ph.D. 1987
職歴 神田外語大学異文化コミュニケーション研究所研究員
東京都精神医学総合研究所(社会病理学)研究員
名古屋市立大学大学院人間文化研究科教授(2016年4月より特任教授・名誉教授)
専門 ナラティヴ研究、コミュニケーション研究。科学哲学、認識論(Gregory Batesonに師事)
時間的展望を要する研究。質的研究とその方法論。フィールドワーク、フィールドノートと記述、エスノグラフィー。
活動 ベイトソンセミナー(現在第61回)、ナラティヴ、オープンダイアローグ、時間に関する講演等


著書・論文

主な論文

  • Toward a Practical Theory of Timing: Upbeat and E-Series Time for Organisms. Naoki Nomura, Koichiro Matsuno, Tomoaki Muranaka &
    Jun Tomita,  Biosemiotics Vol.13, 347–367 ( 2020)    https://link.springer.com/article/10.1007/s12304-020-09398-5
  • 「E系列時間とベイトソン」『家族療法研究』Vol.37 No.1 ,  14-18金剛出版 (2020)
  • 「対話・音楽・時間 ―近未来から届く言葉たち」 『臨床心理学』  オープンダイアローグ―心理職のために  第19巻第5号 518-523 金剛出版 (2019)
  • How Does Time Flow in Living Systems? Retrocausal Scaffolding and E-series Time. Naoki Nomura, Koichiro Matsuno, Tomoaki Muranaka & Jun Tomita,  Biosemiotics.   Vol.12(2),  267-287 ( 2019)    https://doi.org/10.1007/s12304-019-09363-x
  • 「共創の時狭間 ―素の時間、二人称の時間、E系列の時間」 特集/東洋の英知と西洋的精神医学の接点 『こころと文化』 多文化間精神医学会 Vol.17(2),  142-148 ( 2018)
  • Time from Semiosis: E-series Time for Living Systems.  Naoki Nomura, Tomoaki Muranaka, Jun Tomita, Koichiro Matsuno. Biosemiotics. Vol. 11 (1), 65–83  (2018)     https://doi.org/10.1007/s12304-018-9316-0
  • 「無知の姿勢」と「二人称の時間」 『精神科治療学』 33巻 No.3, 269-274 星和書店  (2018)
  • 「ダブルバインド理論がもたらしたもの」 『精神科治療学』 33巻 No.2,  219-224 星和書店  (2018)
  • 「ナラティヴとオープンダイアローグが来た道」     日本精神保健看護学会誌Vol.26(2)  43-48 (2017)
  • 「オープンダイアローグを“知の形式”として― ベイトソンの系譜から」『精神療法』  43巻 第3号 326-331  金剛出版 (2017)
  • 「開かれた対話の世界へようこそ」 『N: ナラティヴとケア ―オープンダイアローグの実践』 第8号 2-6  野村直樹・斎藤環編 遠見書房 (2017)
  • Synchronicity as Time: E-series Time for Living Formations. Naoki Nomura & Koichiro Matsuno, Cybernetics and Human Knowing. Vol. 23,  69-77  (2016)
  • 「ダブルバインド~ナラティヴ~オープンダイアローグ ―― ベイトソンから『患者カルテ』まで」 『N: ナラティヴとケア』 第7号 野村直樹、坪之内千鶴 6-12 (2016)
  • E-series Time As Prolegomena to McTaggart’s A- and B-series Time, Naoki Nomura & Koichiro Matsuno 名古屋市立大学大学院人間文化研究科『人間文化研究』 25号,  野村直樹、松野孝一郎 (2016)
  •  「E系列の時間とはなにか―「同期」と「物語」から考える時間系」 『時間学研究』 第8巻 野村直樹、橋元淳一郎、明石真  37-50 (2015)
  • 「時間を語る ―精神病院のエスノグラフィーから」『臨床ナラティヴアプローチ』 77-90ミネルヴァ書房 (2015)
  • 「特集にあたって」 特集/時間と臨床;「生」のかたちへの問いかけ 『こころと文化』 Vol.12(1)  9-12 多文化間精神医学会 (2013)
  • 「ナラティヴから見た時空」『N:ナラティヴとケア』 第3号  51-60 遠見書房 (2012)
  • 「フィールドノートから考える医療記録」『N:ナラティヴとケア』 第2号 73-83 遠見書房 (2011)
  • 「ベイトソンのアルコール依存症理論:「自己なるもののサイバネティクス」を読もう!」『アディクションと家族』 第25巻4号 268-272  (2009)
  • 「物語としての時間: D系列の時間が奏でるポリフォニー(多声楽)」『ブリーフサイコセラピー研究』 vol.17(2),  116-122 (2008)
  • 「時間を遊ぶ、時間と遊ぶ ―キューバのリズムは治療的か―」『日本保健医療行動科学会年報』 vol.22,  62-70 (2007)
  • 「日系人と出会うということ―堀田善衛とルイス・サトウの『キューバ紀行』から考える」『トランスナショナル・アイデンティティと多文化共生』 第4章  92~116 (2007)
  • 「フィールドワークすること、無知であること―ナラティヴへの遠回り?」日本保健医療行動科学会年報Vol.20,  7-15 (2005)
  • 総説「ナラティヴ・ベイスト・メディスン(NBM)―その背景と無知の姿勢について」『現代医学』第51巻 第2号 235-242 (2003)
  • 「物語としての共文化~精神病院のフィールドノートを読み直す」『文化とこころ』 vol.5,  145-156 (2001)
  • Translatability of family concepts into Japanese culture: Using the Family Environment Scale. Satoru Saito, Naoki Nomura, Yuji Noguchi & Ichiro Tezuka,  Family Process 第35巻2号 235-242 (1996)
  • 「語りから何が読みとれるか・精神病院のフィールドノートから」『文化とこころ』 第2巻3号  5-22 (1996)
  • 「患者-看護者のコミュニケーションにおける悪循環の構造」野村直樹、宮本真巳,『看護研究』 第28巻  49-69,(1995)
  • Family Characteristics and Dynamics in Japan and the United States:A preliminary report from the family environment scale. Naoki Nomura, Yuji Noguchi, Satoru Saito & Ichiro Tezuka, International Journal of Inter-cultural Relations 第19巻  59-85 (1995)
  • Psychiatrist and Patient in Japan : An Analysis of Interaction in an Outpatient Clinic. Ethnopsychiatry: The Cultural Construction of Professional and Folk Psychiatries. State Univ.of New York.  273-289 (1992)
  • 「すりかえ:インターアクションの視点から」『家族療法研究』第4巻  138-146 (1987)
  • Patterns of Interpersonal Criticism in Japan and United States.  Naoki Nomura, Dean Barnlund, International Journal of Intercultural Relations.  vol.7,  1-18 (1983)

主な著書

image005

『協働するナラティヴ』
遠見書房 2013
アンダーソン・グーリシャン・野村直樹著
野村直樹訳

image007

『みんなのベイトソン ~学習するってどういうこと?』
金剛出版 2012

image003

『ナラティヴ・時間・コミュニケーション』
遠見書房 2010

image009

『やさしいベイトソン~コミュニケーション理論を学ぼう!』
金剛出版 2008

編著

『N: ナラティヴとケア』 第8号
遠見書房 2017
野村直樹・斎藤環編

image017

「特集/時間と臨床; 生のかたちへの問いかけ」
『こころと文化』Vo.l.12 no.1
多文化間精神医学会 2013

image011

『ナラティヴとケア』第3号
遠見書房 2012
江口重幸・野村直樹編 「ナラティヴから見た時空」野村直樹著

image015

『ナラティヴと医療』
金剛出版 2006
江口重幸・斉藤清二・野村直樹編

image013

『現代のエスプリNo.433 ナラティヴ・プラクティス』
至文堂 2003
小森康永・野村直樹編

image021

『セラピストの物語/物語のセラピスト』
日本評論社 2003
小森康永・野口裕二・野村直樹編

image019

『ナラティヴ・セラピーの世界』
日本評論社  1999
小森康永・野口裕二・野村直樹編

訳書

『会話・言語・そして可能性』 新装版
金剛出版 2019
野村直樹・青木義子・吉川悟訳

image025

『ナラティヴ・セラピー』復刻版
遠見書房 2014
野口裕二・野村直樹訳

image027

『会話・言語・そして可能性』
金剛出版 2001
野村直樹・青木義子・吉川悟訳

image023

『ナラティヴ・セラピー』
金剛出版 1997
野口裕二・野村直樹訳

絵本

book-12

『トラくんとアオダイショウ』
のむら なおき・さく
ふじい さやか・え
鬼頭印刷 2010

book-11

『トラくんのクワガタ』
のむら なおき・さく
mi+kan・え
鬼頭印刷 2007

 これまでの主な講演・学会発表 (ベイトソンセミナーはこちら

  • 2021.8.28  日本家族療法学会シンポジウム/立正大学 「ナラティヴ・セラピーの30年」 オンライン参加「患者カルテとは」

  • 2019.10.12-13「Timingの行為論 — アップビートとE系列時間からみる生物の運動と行動」ポスター発表(共同)日本生物時間学会
  • 2019.6.9  第29回日本精神保健看護学会学術集会 共同発表「患者カルテの開発―新たな精神科看護技術の確立に向けて」
  • 2019.6.9  第29回日本精神保健看護学会学術集会 リカバリートーク&レクチャー「統合失調症などの精神障害をもつ方の体験を教えていただく」 コーディネータ・コメンテーター2019.3.17 ナラティヴ・コロキウム シンポジウム/駒澤大学 「治療的会話を求めて」
  • 2018.12.9 オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパン 対話的実践報告会 基調ダイアローグ
  • 2018.11.10 家族療法研究会in滋賀 (湖南クリニック)セミナー『協働するナラティヴ』第2章 「言語システムとしてのヒューマンシステム」 p
  • 2018.6.20 The 18th International Gatherings in Biosemiotics (生命記号論学会、6/16-20)アメリカ・バークレー、“How Does Time Flow in Living Systems?: Retro-causal Scaffolding and E-series Time” N. Nomura, K. Matsuno, T. Muranaka, J. Tomita
  • 2018.5.27 オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパン総会記念イベント 分科会 「オープンダイアローグの世界観」
  • 2018.3.24 ヒューマニズム・コミュニケーション研究会講演/昭和大学  「How To Think About Narrative」
  • 2018.3.11 ナラティヴ・コロキウム  シンポジウム/駒澤大学  「逆因果性とE系列の時間」
  • 2018.2.3 日本医療コンフリクト・マネジメント学会基調講演/山形大学 「協働するナラティヴ― 基本とその進化」
  • 2017.11.11 家族療法研究会in滋賀  講演  「ダイアログの祖先 ~デカルトの文法 、ベイソンの文法 」
  • 2017.9.23 日本看護医療学会特別講演/名古屋 「医療における“協働するナラティヴ~オープンダイアローグ”の可能性」
  • 2017.8.22 国際理論心理学会/池袋 “Tojisha-Kenkyu and the Open Dialogue Approach: The significance of dialogue in mental health care”
  • 2017.6.24 日本精神保健看護学会第27回学術集会/札幌 「ナラティヴとオープンダイアローグが来た道~ベイトソンという知の系譜」
  • 2017.6.9  The 17th International Gatherings in Biosemiotics (生命記号論学会、6/5~10)/スイス・ローザンヌ “Time as Linguistic System: E-series Time for Biosynchronicity” N. Nomura, K. Matsuno, T. Muranaka, J. Tomita